日常生活のコレが精力減退の原因だったのかも。。。

自転車通勤

 

自転車通勤するとEDになる?

「サイクリングED」って聞いたことありますか?
サイクリングの本場ヨーロッパでは、自転車愛好家の間でEDが多いことからこういう言葉が使われているのです。

 

日本でも最近自転車がブームで、スーツを格好よく着た男性が、ロードバイクにまたがって颯爽と通勤する姿をよく目にしますよね。

実はこれがサイクリングEDの原因になるのです。

 

スーツのような伸縮性のない素材の服を着て、前傾姿勢で先の尖った形状のサドルにペニスを押し付け圧迫した状態で、長時間自転車に乗る。
このことでペニスに血が巡らなくなり、この状態が毎日続くと、ペニスの血行不良が慢性化して最終的にEDになってしまうのです。

 

脅すわけではありませんが、デコボコ道を自転車で走る衝撃でペニスの毛細血管が切れてしまうこともあるそうです。
聞いただけで耐えられないですよね。

 

ママチャリみたいに上半身を起こして座るるタイプの自転車はペニスの圧迫も少ないので、サイクリングEDの心配はありません。

 

かといってママチャリで通勤というのも恰好悪いと思います。
もしスポーツタイプの自転車に乗るのであれば、ペニスを圧迫しない形状のサドルがあるので、それに付け替えるのが良いと思います。

 

 

育毛剤の使用で精力減退?

育毛剤

 

育毛剤の使用も精力減退の原因になる可能性があるので要注意です。

 

育毛剤に使われている「プロペシア」や「フィナステリド」という成分は男性ホルモンの分泌を抑えます。

これらの成分を頭皮に塗ることにより増毛効果をあげるので、髪の毛が増えた結果、精力を減退する、という状況に陥ってしまうのです。

 

これについてはきちんとした臨床試験が行われ、その結果、プロペシアやフィナステリドを使用した被験者のうち10%未満の方に射精障害、精巣の縮小、精子の減少などの症状が現れたと報告されています。

 

「ハゲには絶倫が多い」とよく言われていますが、男性ホルモンのテストステロンが多い男性は、攻撃的、エネルギッシュ、薄毛、女好きなどの傾向があるというのは真実だそうです。

 

フサフサの毛髪と精力増大の両方を手に入れたい人は、使用している育毛剤の成分をしっかり調べた方がよさそうですね。

 

精力が落ちている人は

「ゼファルリンとリゼノール100Eどっちがペニスが大きくなるか!?」

を見てアナタも増大にチャレンジです!